雛納め

2021/ 03/ 07
                 
人形雛

ねんごろに雛を包みてしまふ闇  taizo

雛人形を仕舞い忘れると婚期が遅れるということを聞きます。
一節では、このジンクスには「片付けを後まわしにするような
女の子は、素敵な大人の女性になれません」という教育的な
意味が込められているのだそうで、また雛飾りは天皇陛下の
結婚式を表現しており、女の子の厄を引き受けてくれる人形
ともされているそうです。そんな人形を出したまま、仕舞い
遅れては、バチが当たるという意味もあるとのことでした。

揚句、ねんごろに包みて闇に雛しまふ でしたが、「うーん、
とても面白い句なのですが、語順がやや散文的、こう推敲
すると闇が際立ちますね」と、このように添削されました。

紙雛の残されてゐる雛納め  岩本多賀史

夕雲のふちのきんいろ雛納め  鍵和田秞子

又来年と八十歳の雛納め  宗智尾



 ↑ 応援のクリックをお願いします。
                 
        

良き昭和

2021/ 03/ 06
                 
昭和

犬ふぐり昭和は古き良き時代  taizo

昭和に育った人は、理由はさまざまですが、大半の人は
昭和は良かったと言います。昭和から平成、いろいろな
ことが様変わりした時代でしたが、その変わりように大きく
影響したものに ITがあり、それは生活様式、思考回路、
ものの価値観や、また人の行動様式まで変えていきました。

今やそのIT環境は、若い人の精神形成まで影響しているように
思えてなりません。それは必然なので善し悪しではありませんが、
昭和は良かったという人たちには、この変わりようで失った
多くの大切なものが、漠然と見えているのかも知れません。

令和になりそしてまた次の世になったとき、平成・令和に育った
人たちは、「自分の世代はいい時代だった」と言うのでしょうか。

飯つぶの糊のねばりや昭和の日  taizo

昭和など忘れて久し春時雨  高野ムツオ

菜の花や昭和の色に暮れている  仁田脇一石

ステテコや彼にも昭和立志伝  小沢昭一



                 
        

地虫出る

2021/ 03/ 05
                 
土筆

啓蟄の小さき影の動きけり  taizo

啓蟄は二十四節気の一つで、2021年は3月5日がその日に
あたります。啓は「ひらく」、蟄は「土の中で冬ごもりして
いる虫」の意で、冬眠していた蛇や蛙などが暖かさに誘われ、
穴から出てくる頃のことを言っています。

普段は漢字も難しいですし、言葉に出すこともありませんが、
なぜか俳句をやると、この頃の季語として1番早く覚えて使って
みたくなる季語です。地虫出づ、蟻穴を出づなどは傍題です。

地虫出て不要不急と言はれても  taizo

啓蟄に自分の居場所さがしてる  須﨑美穂子

地虫出て金輪際をわすれけり  阿波野青畝




 ↑ 応援のクリックをお願いします。
                 
        

母の手

2021/ 03/ 04
                 
手

草餅に母の荒れたる手の記憶  taizo
「母もの」の句は採らないという方たちがおられますが、
私には多くの母の句があります。
母ものの句に問題があるとするなら、子のために耐えてとか、
小さくなってゆく母等々、類型的な表現が多くなり、俗っぽい
受け狙い的な情緒が過ぎる句になるからだと思います。

しかし、特に亡くなった母の句は強く感情が表に出て、より
情緒的にもなってしまいます。それはしかたないこと。
その感情そのものが詠みたいことなのです。
類型的にならないように、表現を工夫しながらこれからも
多くの母の句を、詠んで行こうと思います。

児に還る薄きその手に桜餅  taizo

まどろめば母きて坐る春の昼  taizo

母笑ふアルバムに咲く桜かな  taizo



                 
        

桃の日

2021/ 03/ 03
                 
官女

桃の日の使ひ古せし三面鏡  taizo

春寒の官女は軽く口を開け  taizo

お雛さまは、はじめは紙製だったが、室町時代になって
すわり雛の原型ができたらしい。元禄時代に木や土で精巧な顔や
手を作り、その上に胡粉を塗って、美しい衣装を着せた雛人形が
現れました。男児の端午と並んで雛祭が盛んになったのは
この頃で、江戸時代には幕府や大奥でも雛祭りを行うように
なり、やがて武士階級から町人へと広まっていったそうです。
雛飾りの五段から七段などという豪華なものが出て来たのは
幕末から明治になってのことのようです。

わが家の雛飾り、阪神淡路大震災でバラバラに壊れましたが
修復されて、物入れの奥に静かに眠っています。

人ごゑにいろのありけり桃節句  那須ゆう子

田に水のみちをつけをり桃節句  森田公司




 ↑ 応援のクリックをお願いします。
                 
        

ほうれん草

2021/ 03/ 02
                 
そうひかり

長男はやればできる子はうれん草  taizo

季語は、食卓にのぼる野菜として広く親しまれている菠薐草
(ほうれんそう)です。「菠薐草といえばポパイがすぐに出て
きてしまう。そこを乗り越えて新しい発想にという考え方も
勿論あるが、誰もが思いつく発想とは、言い換えれば盤石の
共通理解でもある。それを味方につけて展開していく作句の
考え方もあります。」と、かの夏井いつき先生の弁でした。

先月、娘の家の長男は、難関中学校入試に見事合格しました。
また、次女の家の長男は、なかなか先生の言うことを聞かず、
我が道を行くタイプの幼稚園生みたいです。
どれもこれも個性です。頑張れ、ガンバレ・・

はみ出して育つのもよし菠薐草  辻桂子

今日もファイト菠薐草の根が紅い  森美穂

茹で過ぎの菠薐草のやうな日も  菱田瞳子



 ↑ 応援のクリックをお願いします。
                 
        

三月

2021/ 03/ 01
                 
机

三月や書机の向き変へてみる  taizo

ある俳人の俳句を作る動機という記述がありました。
「俳句を作り続けることができるのは季語があるから。
季節は毎日じわじわと、またある時は一足飛びに変化して
ゆくが、それを表現する季語が必ずある。季語は、
先人たちが積み重ねてきた言葉で、それを共有するのだと
思うと心強く、大きな流れの中にいる安らぎを感じる。
その季語があることが、俳句を作る動機と言えるかも・・」

季語は、身の周りでも記憶の中にも見つけることができ、
メッセージ性も思想も、特別に込めることもない。
私は、17文字に季節を入れた詩を書く、このたった17文字
しかないところに、懸命になれているように思う。
人によく伝えようと思えば、長々とした自由詩や文もあるが
17文字で伝え想像してもらう、おもしろい文芸だと思う。

もう三月、この季語にもたくさんの思いがこもっています。

三月の雲の自在をまのあたり  藤勢津子

三月やグローブがいい音をして  今坂柳二

三月の声のかかりし明るさよ  富安風生



 ↑ 応援のクリックをお願いします。
                 
        

花の種

2021/ 02/ 28
                 
朝顔b

小袋の母のかなもじ花の種  taizo

季語は花の種、種物の傍題。昔から農家では、栽培する
穀物、蔬菜、草花などの種を自家採種して乾燥させて
次のシーズンの準備をしていました。 

それらの種を総称して種物というそうですが、家庭では
うちの母も季節の花の種などを乾燥させ、小袋に保管を
して次の季節に咲かせることを、楽しみにしていました。

抽斗に夕顔の種こぼれゐる  加倉井秋を

花種を振つて明るき空のあり  澤村昭代

種袋軽き音して命持つ  久須美晟子



 ↑ 応援のクリックをお願いします。
                 
        

いわしの句

2021/ 02/ 27
                 
鰯

到来の地酒に合せ目刺焼く  taizo

目刺は、真鰯などを竹串や藁などに通して干したものをいうが
そのイワシも、季語になると「鰯が秋」で、「うるめが冬」、
「目刺になると春」となり、ややこしくなります。

鰯は、日本近海で1年中獲れるものだが、このように鮮魚と
干物で、3つの季節に分けるのは、それぞれ最も季語として
真価を発揮する時期を考えたためであろうと思います。

帰り来て私の時間うるめ焼く  taizo

ひとりゐて鰯のわたの苦きこと  taizo

骨格の父似と言はれ目刺焼く  taizo




 ↑ 応援のクリックをお願いします。
                 
        

わらび餅

2021/ 02/ 26
                 
老夫婦 (2)

うかつにも爺と呼ばせてわらび餅  taizo
日本人の平均寿命は、女性が87.45才、男性が81.41才と
公表されています。「健康寿命」というのも発表されており、
それによると男性72.14才、女性は74.79歳だそうです。

健康寿命は2001年に男性69.40才、女性72.65才だったので、
長く健康に過している人が増えてきていることが分かります。
健康意識の高まりや、高齢者の社会参加の広がりが背景に
あるということですが、平均寿命と健康寿命の差は、男女とも
9年から12年以上もあります。多くの老人が目指すところの
ピンピンころり」には、まだまだとどいていないようです。

ちなみに、健康寿命とは、介護を受けたり寝たきりに
なったりせずに日常生活を送れる期間を示しているそうです。

手招かれ畳の上のわらび餅  関戸美智子

老たのし飽食の世にわらび餅  水原春郎



俳句ランキング参加中!応援のクリックお願いします。
                 
        

キリンの句

2021/ 02/ 25
                 
キリンb

春めくやキリンに風のあるらしく  taizo
春めくという季語は、春浅しより少し遅めの、
春が目に見えてかたちを表し始めた頃をいいます。

春浅しより春の到来を喜ぶ気持が強く、春にやや重心を
移した感じがあります。いずれにしても、ともかく
キリンにも人にも、すでに冬は去りました。

春浅き麒麟の空の飛行雲  三好達治

春の雲キリンの首がさびしがる  相吉香湖

石鹸玉麒麟の高さを越して爆ぜ  蓼汀




俳句ランキング参加中!応援のクリックお願いします。
                 
        

2021/ 02/ 24
                 
春の畑

春耕の天地を返しトラクター  taizo

いつまでも寒い寒いと言ってはおれない 。春の一番の
作業として、田や畑を耕さねばなりません。

俳句では耕・春耕といい、種を蒔いたり苗を植えたりする
前に、田畑を鋤き返すことを詠みます。北国では雪解けを
待ってする作業のため、さらに春の感がひとしおでです。

耕せり三本鍬の柄の窪み  taizo

春耕の力加減を土に聞く  近藤栄治

寸馬となり豆人となり耕せる  鷹羽狩行

くろぐろと田毎の土を耕せる  京極杞陽




俳句ランキング参加中!応援のクリックお願いします。
                 
        

水温む

2021/ 02/ 23
                 
砥石

水温む砥石に残る母の癖  taizo

水温むは喜びと希望にあふれた季節を、水が温かくじられる
ようになったという繊細な感覚で言い表した季語です。

対照的な季語に秋の水澄むがありますが、こちらは気温・
水温の低下とともに、川の底まで見通せるほど澄んで来る
清冽な感じを表わしていて、やや冷たい感じがしてきます。

水温むはあくまでも優しく、のびやかな感じがして魚など
き物の動き出す様子まで見えて来るようです。

わが顔を映して水の温みけり  青柳志解樹

温むより何やら萌ゆる水の底  正岡子規

これよりは恋や事業や水温む  高浜虚子




俳句ランキング参加中!応援のクリックお願いします。
                 
        

初春の句

2021/ 02/ 22
                 
タンポポ

寒明の歩くことだけかんがへる  taizo

北国ではまだ春という感じではないのであろうが、私の
地方では、いろいろな所で気分も含めて春めいて来ました。
もっとこれから3月、4月になれば、歳時記眺めるだけで、
俳句を作る意欲の湧いてくる季語が並んでいます。

おなじみのものだけでも、さくら、桃の花、菜の花、
スミレ、レンゲ、蒲公英、土筆・・、 野草、山菜や、
芽吹きなども含めれば、たくさんの季語があります。
机上で一句をひねるだけではなく、外に出て野原を歩き、
思いを込めた俳句が、多く詠めればいいと思います。

この国の言の葉やさし母子草  taizo
あめつちの睦みし重さ春キャベツ  河野輝暉

うれしさは春のひかりを手に掬ひ  野見山朱鳥




俳句ランキング参加中!応援のクリックお願いします。
                 
        

春寒し

2021/ 02/ 21
                 
寒梅

春寒やイエスの白き向う脛  taizo

揚句は先日の俳句会に出したもので、この句の元は、春寒の
イエスに白き向う脛 だったものを先生に添削されました。
少し散文過ぎるので「や」の切れを入れること。
イエスにとしてしまうと説明的なものになってしまうので、
ここは、イエスのにすること、というものでした。

散文とは、韻律や定型にとらわれない通常の文章のことを
いいますが、俳句は韻文でそれは辞書によると、聴覚に一定の
定まった形象を感覚させる一定の規則、韻律に、のっとって
書き表された文章。散文の反意語とあり、 一定のリズムを
持ち、暗誦されるのに適しているとあります。

なごりありこの教室に春寒に  稲畑汀子

何一つ不足なけれど春寒し  船木紅花

子の家は所詮子の家春寒し  河原紀久子

春寒のうどんに黙らせる力  秋尾敏


俳句ランキング参加中!応援のクリックお願いします。